2017年09月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

« 2010年11月 | メイン | 2011年01月 »

2010年12月 アーカイブ

2010年12月01日

推奨の本
≪GOLDONI/2010年12月①≫

雑誌『世界文化』創刊号  昭和10(1935)年

 歴史に於ける一つの歴史的な時代として此の時代を特徴づけるのは、確かに當つてゐる。これまでの時代の何とか解釋のつけ得られた、あり來りのテムポが、破られて、亂れて、所謂『非常時』―危険―なのである。ふとふりかへつて見て、自分の立つてゐる舞薹に氣がついた時、ひたすら今まで努めてゐた自分の努力が、これでいいのか、それともいけないのか、疑はれて來る。時代のテムポがすつかり變つてゐて、自分がそれについて行けるか、行けないか、に迷ふ。不安。今までのものが無意味に見える。ニヒリズム。正に此の様な不安とニヒリズムとの、此の時代のインテリゲンツィアの敏感な部分が今、立つてゐる。學問文化への不信頼と絶望。だが、まじめな頭と胸とは、到底此の様な不安と絶望には堪へられない。新しい、しつかりした、もう再びは背かれることを知らない文化の、大通りを探し求めざるを得ない。その様な世界文化の大通りこそは、ただまじめに努力する人々にのみ踏まれるであらう。努力すると云ふことは、動いてゐると云ふことだからである。だから、この雑誌も、出來上つた、一定の塲處に落ちついてゐる人々のものではなくて、たえず、本當のもの、正しいものを求めつつ、動いてゐる人々の友である。眞理の扉を、たたくことを忘れないでゐる眞摯な手によつてのみ、この雑誌は育てられるであらう。
(『創刊のことば』より) 

 
 明治演劇史研究の方法論 ―覺書   辻部 政太郎
 
  (A)目標=力點=及び問題の所在
 先づ、凡ゆる時期、凡ゆる分野に亘つた日本演劇史の系統的な研究が必要であるうちに、さしあたつて、特に明治演劇史が問題となる所以は、演劇に於ける現實の具體的狀勢からである。
 歌舞伎が客観的に見て既に夙くその進歩的使命を喪失してゐながら、又明治中期乃至末期以後先驅的新劇運動者等によつて口を極めてその早急な衰滅が云爲されつつ、それが現在の如き形でなほ大衆を強く摑んで居る事實、その一見鵺的な、いはば不死身な正體の最も根底的な秘密はどこにあるか。
 その反對に、所謂新劇は、明治を終へ大正を經て現在に到るまで、常に極端なる苦難の途を辿り、遂に今なほ歌舞伎の覇権を奪つて眞の大衆的演劇たり得るまでに到つてゐない事實。しかもそれが外見も華かで内容も充實した一時の狀勢から遥かに後退して、著しく追ひつめられ局面の打開に摑んでゐる實狀。この根底的原因も果してどこに求めるべきか。これらは直接的には勿論現段階の社會狀勢の複雑な反映であつて單に『歌舞伎』と『新劇』の對立の問題として簡單化し去つてしまふことは出來ない。しかし同時にそれは又十分の史的認識なくしては、到底正しく理解し得ないものである。従つて演劇史の正しい精密な分析が、この現在の狀勢に對して少くも間接的な示唆を與へるであらうことが見透される。就中、他の凡ゆる分野に於けると同様、短期間に急激に自己を變質し得た明治期における主流演劇―特に歌舞伎のより掘下げた史的把握が。(略)

 次に明治演劇史における最も根本的な問題の所在は、どこにあるか。これは、いろいろに考へられるであらうが、私は右の『明治演劇の外見的な、さうしてある意味では本質的な、全體としての不進展性の問題』を挙げたいと思ふ。
 この解決は、いはば明治期に(人々に多く氣づかずして)自らを巨大に變質した主流演劇―歌舞伎の性格性を指示し、又新派劇が折衷的に止つて遂に傍流を出でず、又新劇が種子は蒔かれたが十分に地に育ち得なかつた理由をも説明することになる。(略)

  (D)對象=及び文献
 (略)既に、今までに現はれた明治演劇史―特に歌舞伎史の部分―が俳優技藝史に偏してゐることは、これもまた歌舞伎の本質的一面から一應必然でもあるが、今後の研究においては、更に廣汎に全體として考察されねばならぬ。特に演劇經濟史としての劇場經營史の研究等は基礎的部分の一つとして重視さるべきものをもつであらう。従つて對象的範圍としては、劇場經營史、劇場構造史、劇場法令史、劇場風俗史、脚本史、舞薹批評史、舞薹美術史、舞薹音樂史、俳優生活史、俳優技藝史等の凡てが包含さるべきである。
 しかもこれらのおのおのは、羅列的にバラバラに取扱はれるべきではなく、全體として統一的に、しかも正當なそれぞれの交互的聯關において捉へられねばならぬこと、言を俟たぬ。
 これらのうち、劇場經營史は、直接一般社會狀勢に密接した一方の極であるといふ意味において最も重要なる部分であり、又俳優技藝史は間接に最も抽象され昇華された一方の極であるといふ意味において又最も興味ある部分である。しかもその両極ともいはるべき二部分に對して、同じやうに太い歴史的一線が貫かれてゐる筈であり、それが克明に辿られ分析され摘出されねばならぬ。
                       

2010年12月06日

劇場へ美術館へ≪GOLDONI/2010年12月の鑑賞予定≫

[能楽]
*1日(水)                    千駄ケ谷・国立能楽堂
『定例公演』
 狂言(大蔵流)「抜殻」 茂山 あきら  
 能 (金春流)「二人静」本田 光洋 


[歌舞伎]
*3日(金)から26日(日)まで。          半蔵門・国立劇場大劇場 
『仮名手本忠臣蔵』
 出演:松本幸四郎 ほか


[演芸]
*4日(土)                    半蔵門・国立演芸場
『特別企画公演』
「講談の会―忠臣蔵名作揃え―」
 出演:一龍斎貞水 ほか


[音楽]
*4日(土)                神保町・アートスポット・ラド
『作家が愛でた音楽たち』
 ―蓄音機SPレコードで聴く―

*13日(月)                   紀尾井町・紀尾井ホール 
『イヴリー・ギトリス ヴァイオリン・リサイタル』
 ピアノ:ヴァハン・マルディロシアン


[展覧会]
*19日(日)まで。                  北千住・石洞美術館 
『濱田庄司とその系列 その二』
 ―島岡達三・金城次郎・木村一郎・舩木研兒―

*19日(日)まで。         横浜・馬車道・神奈川県立歴史博物館
『浮世絵☆忠臣蔵』 
 ―描かれたヒーローたち―

2010年12月17日

推奨の本
≪GOLDONI/2010年12月②≫

『大石良雄』 野上 弥生子著
 岩波文庫  1928年
  

 少くとも今の内蔵之助には、復讐は熱情ではなく、單に義務であり、責任であり、運命との約束であるに過ぎなかつた。さうだ、今日の會合も亦約束だ。で、それを破らないために忠實に出席したまでであつた。この冷淡は、以前から自分の位置を濫用しない、彼の愼ましい性情に裏づけられて不自然には見えなかつた。而して内蔵之助はどんな相談になつても決して反對しまい。皆んなの好きなやうにさせればよいのだ、と思つてゐた。事實この仕事は彼等の仕事であり、自分は統領の名前を貸してゐるに過ぎない。而かも不都合な統領で、今になつて彼等に指圖がましいことをする機能はないと信じてゐた。で、議事は重に總右衛門、安兵衛、源五等の發言と提案で滑らかに進行した。
 『結構です。結構です。』
 その間上座に、床柱を控へて鷹揚に坐つた内蔵之助は、柔和な微笑で、何を云はれてもこの一語を繰り返した。
 お晝前から始まつた會合は夜に入つてまで續いた。復讐の最後の決議と共にそれに關する細目の打ち合せが悉く無事に終了した時には、老人達はこれでやつと死なないうちに本望が達せられると云つて滿足し、若い者は若い者で、早くも敵の首を上げたかの如く勇み立つた。前祝の心と、今日の目出度い決定を報ずるために、夜の明けるのを待つて直ぐにも江戸表へ立たうとしてゐる安兵衛の行を壯んにする意味で、酒宴が開かれた。人々は深い悦びと一緒に深い感慨を以つて杯を取交した。皆んなで内蔵之助を取り圍んで斯んな気持で酒でも飲むと云ふのは、幾月ぶりのことか知れなかつた。(略)
『内蔵之助殿も久しぶりに一つ如何で。』
『いや、どういたして。』
 内蔵之助は周章して辭退した。併し血縁の親しみで無邪氣に持ち出された老人の所望は、忽ち一座の願望となつた。彼等は内蔵之助が謠でも仕舞でも前の二人に劣らず堪能であり、以前は斯んな場合には氣輕に謠つたり舞つたりしたのを知つてゐた。
 『またとないことですから是非どうか。』
 さう熱心に勸めた人々の中には、織田信長が今川氏を討つ時、幸若の「敦盛」を舞つた話まで持ち出して、この席上で内蔵之助に何か一さし舞つて
貰ふことは、今宵の酒宴を一層有意義にするものだと信じてゐるらしかつた。總右衛門達はまた總右衛門達で、二人で露拂ひをしたのだから、横綱が出てくれなければ納まりがつかないと云つた。併し内蔵之助はどちらにも頑固に手を振つた。(略)
 内蔵之助は自分の拒絶で一座の興を殺ぐのを怖れながら、なんにもする氣にはなれなかつた。口で云ふほど醉つてゐるのでもなかつた。いつまで杯を重ねても、今夜の酒の味は徒らに舌を刺すのみであつた。内蔵之助は朱塗の大燭薹をともし連ねた廣間で、人々の笑聲と歡語に取り捲かれながら、ただ一人空山の洞に坐してゐるより淋しかつた。その寂寥と孤獨が何處から生じたかは、彼自身にも分らなかつた。仲間の者たちが最初の決心を揺がさず、今漸く目的に近づかうとして率直な悦びで夢中になつてゐるのが、自分の迷執の多い心に比べて羨ましかつたのかも知れなかつた。さうでないとは云へなかつた。而かも決してそれのみではなかつた。内蔵之助は膳の周りに集まつた杯を返すのをも忘れ、茫然と悲しげな面持で、前の燭薹の黄色く伸び上る焔を凝と見詰めてゐた。