2017年09月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

« 推奨の本《GOLDONI/劇場総合研究所 2017年4月》 | メイン | 劇場へ美術館へ《GOLDONI/劇場総合研究所 2017年5月》 »

新刊書籍から《GOLDONI/劇場総合研究所 2017年5月》

『アーサー・ミラー Ⅳ 転落の後に/ヴィシーでの出来事』
倉橋健・訳 ハヤカワ演劇文庫 2017年4月刊

フォン・ベルク 思いませんか、ナチズムというものは……何はともあれ……卑俗さのかたまり、卑俗さの爆発だと?
バヤール それ以上のもののような気がしますがね。
フォン・ベルク (バヤールに、丁寧に)ええ、それはそうです。
バヤール あなたの話をきいていると、奴らはテーブル・マナーが悪いだけ、というような気がする。
フォン・ベルク ええ、まさにそうです。とにかく、洗練されたものを見ると、彼らは腹をたてるのです。頽廃的というわけです。
バヤール どういうことです、それは? 彼らのテーブル・マナーが悪いから、オーストリアを離れたというわけですか?
フォン・ベルク そう、テーブル・マナーと、愚劣な芸術への礼賛、八百屋の小僧あがりが制服を着こんでオーケストラに、どんな曲は演奏してはならんと文句つけるのですからね。国から出たくなるでしょうよ、ええ。
バヤール すると、彼らの芸術の趣味がよくて、テーブル・マナーが優雅で、オーケストラに何でも好きなものを演奏させてくれれば、それでいいというわけですね。
フォン・ベルク しかし、そんなことが可能でしょうか? 芸術を尊重する人間が、ユダヤ人狩りをするでしょうか? ヨーロッパじゅうを牢獄にし、みずからお巡りや犬畜生の役をかってでますか? 芸術的な人間にそんなことができますか?
モンソー ご意見には賛成したいですがね、フォン・ベルク公爵、でも、ドイツの観客はーーあそこで芝居をしたことがありますがーーあんなに芝居のこまかいニュアンスまで感じとってくれる観客は、ほかにはありません。尊敬の念をこめて劇場に座っているのです、まるで協会にいるみたいに。ドイツ人ほど音楽を真剣に聞く者はいません。そう思いませんか? 彼らには情熱がある。

フォン・ベルク (それが事実であることに言うべきことばを失い)そう、そのとおりでしょう。(間)なんと言ったらいいかーー(ひどく途方にくれ、沈みこむ)
ルデュック きっとこういうことをやっているのは、そういう連中ではないのだ。
フォン・ベルク じつは、多くの教養のある人たちが……ナチスになったのを知っている。そう、そうなんです。たぶん芸術では防ぎえないんでしょう。おかしなことだ、人間は或る思想をすぐ当然のことと受取ってしまう。今の今まで、考えていた、芸術こそが……(バヤールに)あなたの言うとおりかもしれないーーわたしにはよく判っていないのだ。実はわたしは、本来音楽家なんですーーもちろん、アマチュアとして。だから政治は絶対に……
(『ヴィシーでの出来事』より)