2018年06月

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

« 1、2分で帰る演劇系大学生 | メイン | Samuel Frenchのカタログ »

ダンス、そしてデパ地下

16時前、青山劇場に。大阪のシアター・ドラマシティ製作の舞踊公演『盤上の敵』を観る。大阪では3ステージ、東京では4ステージの規模。千秋楽のこの回は、1階では8割以上の入り。
18時半、日本橋三越本店。賀状・暑中見舞や中元・歳暮などのご挨拶をやめて久しいが、本を戴いたり、観劇の誘いの御礼に、持参したりお贈りするための菓子など贈答品選びは、今気付いたが、数少ない息抜きの一つかもしれない。日本橋や銀座の百貨店では、その筋の方が立派なお顔を崩さず、下着売り場で物色していたり、したり顔のグルマンが試食のたこ焼きを頬張っていたりで、下手な舞台よりは遥かに面白い。この日も、高級縫製の半袖省エネスーツの代議士が秘書たち、百貨店の幹部社員風の真中に。半袖スーツ氏、息子も参議院議員にして、家業いや代々で国に尽くす姿天晴れだが、彼のデパ地下・惣菜選び、精力的な政治活動のつかの間の安らぎ、私と同じ息抜きなのかもしれない。
19時半、GOLDONIに。9月のHP用の原稿書き。3日前からHP更新のご案内を四百通ほどe-mailで(bccではなく1通ごとに)送信しているが、今日も三十通ほどの返信を戴いた。ここでは今年の6月から推奨の本と、私の観劇鑑賞予定を紹介しているが、本のご注文が3名、同じものを見る予定だと仰る方2名。「あなたが薦める本なら、読む価値がある」「どんなものを観ているのか気になっていた」とのmailが重なり、恐縮。観劇鑑賞予定(タイトルは「劇場へ美術館へ」)は6月の掲載以来、「鑑賞ガイドとして参考にしている」という声を度々聴く。
明治大学文学部の神山彰教授から長文の返信戴く。私だけが読ませて戴く私信では勿体無い、示唆に富む内容。
DNA Mediaのプロデューサー・後藤光弥氏からも。昨夕、久しぶりに訪ねて呉れて、2時間話し合ったが、『発信基地としてのゴルドーニあればこそ…』の言葉。昨日も『ここは今時珍しいサロン』と。いつも私が教わるばかりで対話になっていないなあと反省していたところだったので、うれしい挨拶。